家づくりの事

ローコスト住宅の断熱材が心配です

  1. HOME >

ローコスト住宅の断熱材が心配です

こんにちは!

今回は、「ローコスト住宅の断熱材が心配」
という悩みにお答えしようと思います。

今年は年金2000万円発言や、終身雇用についての発言など、
私たちが不安になってしまうニュースばかりでした。

 

そんな時代ということもあり、
熊本県でもローコスト住宅が人気です。

これを見ている方の中にも、
「ローコスト住宅で検討している」
という方がいらっしゃるんじゃないでしょうか?

 

確かに、価格が安いのは魅力的ですよね。

しかし、価格のワケというのも当然あるんです。

 

その中でも一番多いのが、
「安いのは魅力的だけど、暑さ寒さが心配」
という不安でしょう。

そんな方のために今回は、
「ローコスト住宅の断熱材は大丈夫なのか?」
という話をします。

これを見ていただければ、
ローコスト住宅を選ぶ際の指針になりますし、
建てたあとに「寒い!」「暑い!」と
後悔する事はなくなります。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

まず、「ローコスト住宅の断熱性が心配!」
と思われる原因はなんなのか
という事ですが、

おそらく、ローコスト住宅に多い
「グラスウール」という
断熱材のせいではないかと思います。


↑グラスウール(アクリア)

なぜ、グラスウールだと心配になるのか?
分からない方もいるかも知れません。

グラスウールの特徴として、

  1. 材料費が安い
  2. 施工費が安い
  3. 水に弱い
  4. 施工が難しい

という特徴があります。

おそらく、この”安い!”という特徴のせいで、
「安い断熱材なんて不安!」
と思われているんじゃないでしょうか?

 

たしかに、安い材料ってだけで心配になると思います。
他の断熱材に比べて、どのくらい劣っているのか?
かなり気になるところです。

 

しかし、実は、
グラスウールが特別性能が低いわけではありません。

性能の表を見ていただければ分かりますが、

素材名 熱伝導率(W/m・K)
高性能グラスウール16K 0.038
セルロースファイバー 0.04
発泡スチロール(EPS) 0.032
ウレタンフォーム 0.024
フェノールフォーム 0.02

他の断熱材と比べても、性能に大差はないのです。

 

なので、
「グラスウールって断熱性能が悪いんじゃないか?」
という心配は無用なのですが・・・

実は、もう一つ心配するべき所があります。

それが、「水に弱い」という事。

 

こう言うと、
「えっ、水に強いとか関係あるの?」
と思われるかもしれませんが、

空気中の水蒸気は、
部屋の中と外を行ったり来たりしています。

 

断熱材がきちんと施工されていないと、
空気の温度差によって結露が発生してしまうのです。

 

そのため、
中に入らない施工+うまく外に逃がす施工
が必要です。

 

では、きちんと施工がされていなかったら
どうなるのでしょうか?

もし、壁の中で結露などが起こってしまうと・・・


写真:リフォームによって壁を剥がした様子

 

この様にグラスウールが水浸しになり、
カビが生えてしまいます。

とうぜん、室内の空気環境は悪くなり、
せき、アトピー、アレルギーなどが悪化しますし、

水に濡れることによって
断熱性能がものすごく低下してしまうのです。

 

ただし、これはきちんと調湿や気密を取っていれば
防ぐことが出来ます。

気密(壁の中に空気が入らない工夫)をすれば、
水蒸気に触れることもないため
性能が低下する心配もないのです。

それに、もし入ってしまったとしても、
うまく逃がす施工がされていれば問題ありません。

 

つまり、
グラスウールの性能を気にするのではなく、
きちんと施工されているか?

を気にする必要があるという事です。

 

では、きちんとした施工とはどういう事なのか?
詳しくは、旭ファイバーグラスさんのHP
に掲載してありました。

見ても分からないかもしれませんが、
これを徹底してやれている会社は少ないと思います。


写真:MAG

 

勝手な推測ですが、
おそらく、完璧にやれている住宅会社は
あまりいないと思います。

 

さらに、これがローコスト住宅となると・・・

職人さんの単価を下げている分、
こういった手間のかかる作業を
徹底してやることは難しいのです。

 

もちろん、
ローコスト住宅が悪い
と言いたい訳ではありません。

 

値段が安いのは素晴らしいことだと思います。

 

ただ、
グラスウールを使っているローコスト住宅の場合は、
お客様自身で現場に行き、
「きちんと施工されているかどうか?」
確認するくらいしないと、

ちゃんとした断熱性能があるのかは分かりません。
(↑信頼していない事になるので、
そもそも住宅会社を変えた方がいいかもしれませんが・・・)

 

そんなのできない!というのであれば、
価格が高くなってでも
満足できる施工をしてくれる所に頼むことをオススメします。

特に断熱材は、壁を剥がさないと
確認できません。

新築の時が一番重要ですので、慎重に選ばれてみてください。

 

それでは、失礼致します。

カテゴリー

オススメ記事

1

こんにちわ!エコラボホームの高宗です。 今回は「一戸建ての維持費を大公開!」 という企画にしました。   もし、 「家を建てた後の維持費っていくらかかるんだろう...」 「住宅ローン以外にど ...

2

  こんにちは、エコラボホームの高宗です。 今日は太陽光発電について書いていこうと思います。 テーマは、最近よく質問される「太陽光発電は、まだお得なのか?」についてです。   電力 ...

3

こんにちは、タカムネです。 今回は、「絶対にマイホームを持つべき理由」の老後編です。じつは、マイホームと老後には深い関係があるんです。ぜひ最後までご覧ください。 いま、賃貸に住んでいるって方は「一生賃 ...

4

こんにちは、エコラボホームの高宗です。 今回は、新築住宅と中古住宅はどっちがお得なのか?について書いていきます。最後まで読めば、新築と中古の違いが分かり、どちらを買うか?迷う事がなくなるでしょう。ぜひ ...

5

こんにちは、エコラボホームの高宗です。 今回は、「幸せを掴むための優先順位」という事で、相談に来られるお客様には、必ずお伝えする ”ある事” を書いてみました。 他の住宅会社が絶対に言わない(言えない ...

6

こんにちは、エコラボホームの高宗です。 今回は、「他の住宅会社が教えてくれない、土地選びの最優先順位」という事で、土地選びで一番大切な事をお伝えしていきます。 これを見れば、他の住宅会社では聞けない「 ...

no image 7

  こんにちは。エコラボホームの高宗です。 最近、お客様が相談に来られたときの話です。   そのお客様は結婚して4年目、お子さんが1人いて、 熊本市南区周辺で新築を考えているお客様 ...

Copyright© 株式会社エコラボホーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.