エコラボホームの家づくり


(株)エコラボホーム代表 和田健児

はじめまして、エコラボホームの和田と申します。

今から、ワッ!と驚く情報を交えながら、「本当の幸せを手に入れるための家づくり」について話していきます。
もし、

  • 家づくりの正しい知識を身に付けたい
  • すぐにでも家を建てたいと思っている
  • 将来に漠然とした不安がある
  • いつかは家づくりを考えている
  • 一生賃貸でいい!と思っている

どれか一つでも当てはまる方は、
これから非常に大切な考え方を話しますので、ぜひ読んでみてください。

 

安定が崩壊する時代

2008年、私は「良い家を安く」という信念のもと、エコラボホームを設立し、

そこから10年で100組近いお客様と「お金に困らない家づくり」を成功させてきました。

ところで最近、「老後までに2000万円は必要」というニュースが流れましたね。
それをみて、「どうしよう...」と、焦ったという方も多いんじゃないでしょうか?

はたまた、
「先のことだから、考えないようにしよう!」と、忘れようとしている頃かもしれませんね。

でも、私はニュースを見て、
「言うのが遅すぎるし、絶対に2000万円じゃ足りるわけが無い!」
と思ったんです。

実際に、あることが原因で、エコラボホームのお客様には6年前から伝えてきました。

 

支出が増え、収入は減っていく

2008年、エコラボホームは環境に配慮した高性能な家を、安く建てる住宅会社でした。なので、良い家をどれだけ安く建てられるか?という事に全力を尽くしていたんです。

ですが、ある出来事がきっかけで家づくりの考え方が変わったのです。それは、2013年に私が香港にいった時の事でした。

香港は、国際金融都市と呼ばれるくらい金融が発達しているので、お金の勉強をしに行ったんですが、

そこで学んだことに衝撃をうけます....

”このままでは、日本人は貧しくなる一方”という現実をまざまざと知らされたんです。

だって、昔は給料が増えるのが当たり前でしたが、今は昔のようには増えません。

昔は金利も高かったので、10年で2倍になる事もありました。
でも、今はほぼ0%と、確実に収入は減っていますよね。

老後の頼みだった、企業年金も、公的年金もどんどん減っています。

でも問題なのは、
こんな風に収入が減っているのに、支出は増えているという事。
消費税や相続税などの税金。
年金や健康保険、介護保険などの社会保険料も上がっています。

あと、これは考えていない方も多いんですが、円安などによるインフレです。
お金の価値が下がると、給料が下がったも同然ですよね。

ここまで考えると、2000万円では足りるわけがありません。

このまま収入が減って、負担が増え続けると、日本人は貧乏にしかならないんです。
この現実を知った私は、

「今までどおりに安くて良い家を建てるだけでは、お客様を幸せに出来ない!」と悟りました。

確かに「安くて良い家」を建てれば、
お客様の負担は減ります。
でも、それだけでは、これからの時代の「増え続ける支出」に対抗することは出来ません。

そう考えた私は、
「安くて良い家」「お金のこと」を合わせて、お客様に提案していこうと決めたんです。

 

「これからの時代」に合った家づくり

目指すべきところは、
家賃より安いのに高性能な家に住んで、毎月の出費も安く、さらには副収入もあって、家は長持ちし、老後など将来の資産も作れている「理想の未来」です。

するとどうなると思いますか?

生活費・子どもの教育費・老後の資金や生活などの不安はなくなって、心に余裕が生まれます。
家族との幸せな生活を守り続けることが出来ますよね?

趣味に時間を使ったり、家族と旅行に行ったりなど、使える時間・お金も増えてきます。

心の余裕は家族・周りの人間にも伝わるので、みんながどんどん元気になっていくんです!

そして本当の意味で「幸せ」と感じることが出来ます。

ただ単に、理想のデザインで家を建てたときの「幸せ」とは比べ物になりません!

 

実現への壁

とは言っても、理想を実現する事は簡単じゃありませんでした。
品質は高いのに、家賃より安く抑える。

そして、ローコスト住宅では高くなってしまう「光熱費・保険料・修繕費・税金」を抑えられている家なんて、ほぼありません。

しかも、副収入もあって、長期的に資産も作れているとなると、ゼロです!

ローコスト住宅の様に、価格が安いだけで品質が悪かったり、維持費が高くなってしまうのでは意味がありません。

逆に、品質が良くても価格が高くなると、お客様の家計を圧迫します。

 

理想の家づくりを体現

厳しい戦いでした。性能を落とさずに価格を下げるため、本当に必要なもの以外はカットしました。

例えば、エコラボホームでは複雑なデザインはオススメしておらず、
なるべくシンプルな形にしていただいております。

なぜだか分かりますか?

家は複雑にすればするほど、建築費が上がってしまうからです。
しかも、複雑な形にすると耐震性が落ちる事もあり、それを補うためにまたお金が掛かるなんてこともあります。

収入を増やすという面では、
太陽光パネルを効率よく積める屋根の形にしたり、よりお客様の家計が助かる工夫を施しました。

支出を減らす✕収入を増やす
このような努力をたくさん積み重ねて、理想の家造りを体現できる様になったんです。

 

家づくりで「本当の幸せ」を提供できるように

そして、それをお客様に伝えることで、
みなさんのお金に対する考え方も徐々に変化して行きました。

今では、家を建てたのにも関わらず、
家賃並みの支払いで副収入もあり、将来のための資産もできているご家庭がたくさんあります。

 

ただお金をかけて素敵な家を建てるだけではなく、これからの時代に合った家づくりをすることで、
お客様には「本当の幸せ」を提供できる、と証明することができました。

エコラボホームはこれからも、この家づくりを広めていきます。
どれだけ素敵な家を建てても、無理をして維持をしなければいけないなんて幸せと言えますか?

それは間違った家づくりだと、私は思います。

もし共感をいただけましたら、見学会への参加や、LINE@に登録してみてください。

正しい家づくりが学べることをお約束します。

 

LINE@・お問い合わせ

携帯の場合は[友だち追加]ボタンをクリックしてください。パソコンの場合は、QRコードを読み込む必要があります。


友だち追加すぐに相談したい!という方はコチラからご予約お願いします。

エコラボホームに相談する

 

お客様の声をご覧ください

城南町・N様(アンケート)

▼クリックして拡大

 

城南町・O様(アンケート)

▼クリックして拡大

※さんさん城南では、水道から温水が出るため。

嘉島町・M様(インタビュー)

三年ほど前から家を考えていて、色々事情があったり色んな所に相談したりしまして・・・
最終的にエコラボホームに辿り着きました。

「長期優良住宅」「耐震等級3」
「高気密・高断熱」
「トリプル樹脂サッシ」
「太陽光発電」+低価格!
おかげ様で、毎日快適・安心に生活しています。

 

嘉島町・T様(インタビュー)

無理のないほど良い大きさの家を建てて、7年目。今、子供がそれぞれ習い事や、サッカーのクラブチームの色々な費用がかかってきている。

その中で「子供と旅行に行けるのも小学校まで!」と思い、旅行費用は捻出したい!それに、思い出を作るのも今しかできない。

これからさらに中学高校と教育費、部活費等の出費がかさむ。。
子どもが学校を卒業するまであと15年。

この15年間は支出が多くて、なかなか貯蓄はできないけど、
住宅ローンを無理なく抑えられたことは間違いなく正解です。

自分のしたいこともしたい、
子どもがしたいといったことはさせてあげたい。

老後に備えた運用もしつつ、
今の生活を保っていけるアイデアをくれたのもエコラボホームです。

 

菊陽町M様(インタビュー)

Q.エコラボホームとの出会いは?

子どもも大きくなり、「そろそろ家を・・・」と考え始めました。

今の家がとても寒いので、「暖かい家がいいなぁ」と思っていた時に、
エコラボホームさんで家を建てた方から「断熱マニアの社長がいる」と、和田さんを紹介してもらいました(笑)。

 

Q.家づくりで大事にしたことは!?

いろいろ他社の家を見に行きましたが、和田さんと話していくにつれ、もう二度と家を建てることはないと思うので

「将来までずっと安心して暮らせる家」を、一番大事に考えるようになりました。

具体的には、子どもが巣立ったあとは夫婦二人。
また、コストなども考えるとコンパクトな家がいいこと。

その分性能に力を入れることで、先々まで快適に過ごせること。
そして、生活の質を落としたくないので、ローンの支払も無理がない家がいいこと。

じっくり和田さんと話し合い、
「大容量太陽光発電があるコンパクトで高性能な家」を建てることにしました。

 

Q.実際に住んでみていかがですか!?

今、住み始めて約半年ですが、
冬は暖かく、夏は涼しく快適です。

また売電収入があるのでローンに追われることなく安心です。
まわりの方から、
新築で最終的に金額が追加になった話しも聞いていましたが、
その辺も和田さんの場合はしっかりお話されるので、
最初の見積り通りの金額でした。

他社もいろいろ検討しましたが、
和田さんの無理がない家づくりのコンセプトに共感して、エコラボホームさんにお願いしました。

自分たちが思い描いていた家、
そしてローンに追われることなくゆとりある生活が実現できて、
家を買って本当に良かったと思っています。

 

熊本市・M様

中古住宅を探していましたが、
新築でも売電収入があると中古と同じくらいの支払いに。

大容量太陽光発電と長期優良住宅が希望で、他社にも聞きましたが、
正直エコラボホームさんの家が一番安かったです。

 

城南町・S様

売電収入があるので、アパートの家賃を払っていた時よりも、
負担が軽くなりました。

月によっては貯金もできます。
おおげさかもしれませんが「お金を生む家」だと思っています。
建てた後の支払のことなど一緒に考えてくださったので安心でした。

 

LINE@で発信していること

大好評!「お金のセミナー」in城南の開催情報

なぜ老後に◯億円必要になるのか?全国を回り、お金についての授業をしてきた和田が、「お金のセミナー」を開催します!将来に少しでも不安がある方は、ぜひご参加ください!

一生賃貸で暮らすとどうなるのか?

現在、賃貸で暮らしていて、「一生賃貸の方がお得なんじゃないか?」という疑問ありますよね。その疑問について、具体的な例を挙げて解説していきます。

一戸建ての維持費っていくら?エコラボホームの事務所は〇〇万円

持ち家を建てると、掛かってくるのは住宅ローンの返済だけではありません。税金や保険、修繕費などのランニングコストも必要になってくるのです。その金額はいくらなのか?エコラボホームの事務所(一戸建て)で検証してみました。

老後資金に◯億円いるって本当?

お金のセミナーでも、一番リアクションが大きい話です。あなたの老後に必要な金額を、計算していきます。

大手ハウスメーカーで建てると、高くなってしまう?

大手ハウスメーカーは利益率4割?!大手ハウスメーカーで建てると高くなってしまうのでは?という疑問にお答えいたします。

太陽光発電はまだお得?

「買取価格が下がった」「買い取り終了」などと言われている太陽光発電ですが、まだ付けたほうがお得なのか?実際のお客様のお宅を例にとって、検証してみました!

新築と中古、注意して見るべき点は?

中古住宅を購入してリノベーションする方法が流行っていますが、そこには、素人じゃ見分けがつかない罠があります。中古住宅を買う前にご覧ください。

誰も知らない、家づくりの優先順位

家づくりで、最初にするべきなのは「優先順位をきめる事」です。これは、「デザインか、機能性どっちを優先するか?」みたいな話ではありません。では、いったい何の優先順位を決める必要があるのか?解説していきます。

土地選びが生死に関わる?

あなたは土地を選ぶとき何を優先していますか?エコラボホームでは、他の会社では教えてくれない「ある項目」を1番優先していただいております。それは何なのか?

繰り上げ返済を、絶対にオススメしない理由

「繰り上げ返済をがおすすめです」と、1度は言われたことがあるんじゃないでしょうか?しかし、エコラボホームでは、ある理由から「繰り上げ返済はしないでください」とお伝えしています。

予算を500万円も下げたのに、良い家が立つ?

そんな方法あるの?と思われるかもしれませんが、あるんです。

業界の裏話

いまや、ブラックボックスになっている住宅業界の秘密を、暴露いたします。住宅展示場に行く前にご覧ください。

シングルマザーでも、家を建てられる方法

「家を建てたいけど、ウチは収入が低いから」と諦めないでください。

安くて良い家じゃないと破綻する?

デザイナーズ住宅や、建築家と建てる家が流行っていますね。ここでは、デザインや、本当に必要ではない性能などにお金をかけるとどうなるのか?解説していきます。

他のハウスメーカーが語らないお金の話

他のハウスメーカーが語らないお金の話があります。たとえば、なぜハウスメーカーは、水回りのグレードを上げようとしてくるのか、知っていますか?それは「楽に稼げるからです」

土地の賢い探し方

将来を見据えた土地の探し方を知っていますか?今の生活環境に合った土地を選ぶと、将来、後悔することになりかねません。

正しい住宅ローンの選び方

エコラボホームではフラット35以外はオススメしておりません。フラット35以外を選ぶ理由がないくらい、おすすめです。しかし、他の会社では別の住宅ローンを紹介している事もあるみたいですね。その理由もお教えします。

断熱は窓から。

冬になると、暖房をつけていても部屋が寒い。夏は暑い。その問題は、窓を変えることでかなり軽減されます。冬場に窓に手を近づけてみてください。ヒンヤリとするはずです。窓は、外の気温を一番伝えてしまう部材なのです。じゃあ、どんな窓にするべきなのか?お伝えしています。

今が建て時?それとも5年後?

家を建てたいけど、今は良いタイミングなのか?金利や税金という以外の角度から、エコラボホーム独自の見解を交えてお伝えしています。

〇〇〇は借りるな!(ヒント:住宅ローンではありません)

ローコスト住宅で使われている材料ってどうなの?

「500万円で家が建つ!」なんてキャッチコピーのローコスト住宅。なぜそんなに安いの?と疑問ですが、やはり材料のグレードを落としている所が多いのです。はたしてどんな材料が使われているのか?

住宅会社から見た、ローコスト住宅のデメリット

ローコスト住宅のデメリットをすべてお話します。

LINE@・お問い合わせ

携帯の場合は[友だち追加]ボタンをクリックしてください。パソコンの場合は、QRコードを読み込む必要があります。


友だち追加

すぐに相談したい!という方はコチラからご予約お願いします。

エコラボホームに相談する

更新日:

Copyright© 株式会社エコラボホーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.