家を建てたら幸せ?

これまでエコラボホームは、熊本市南区を中心に、家をたてるお手伝いを沢山してきましたが、家を建てるにあたって、永遠のテーマがあります。

それは、「家を建てたら幸せなのか?」です。

お金をかけて自分好みのおしゃれな家をたてたのに、なぜか幸せそうにみえず、見栄を張っていつも無理をして、家計も苦しそうな人。

一方で、理想を完璧に実現した家ではないけれど、自分に合った家を建て、家計も安定させながら、将来の貯蓄もできている人。こちらは、家族も常に笑顔で、幸せな毎日を送っています。表向きではどちらも幸せそうと思われているけど、現実にはこうもはっきりと分かれているのは,何故なのでしょう....?

 

二つの違い

調べてみると、両者は「家に求めているもの」が違う、という事が分かりました。最初の方は、家に「満足感」を求めて建てていたのです。
一生に一度だからと、理想の家を建てる事で満足感を得ます。満足感をもとめているので、「さらに上、さらに上」と、建築費は上がっていきます。

しかし、満足感は徐々に薄れていくので、後には高いローンが残ってしまうのです。

一方で賢い方は、「幸せな生活を継続する」ことを求めて建てていました。家よりも、子供の教育・生活の安定と継続・老後の備えの方が大切だと分かっているので、家にお金をかけすぎる事はしません。

デザイン性や、必ずしも必要ではない物などには、あまりお金をかけないのです。

 

 

そのかわり、副収入を生み出す太陽光発電や、光熱費を抑える断熱性、耐火性を高めて保険料を半額にしたり、という性能には積極的にお金をかけます。

幸せはどちらに?

副収入も得ながら、良い家に住む。浮いたお金で、老後の資金のために長期的な資産運用もする。それによって、心に余裕が生まれます。

趣味に時間を使ったり、旅行に言ったりと、使える時間・お金も増えてきます。心の余裕は家族・周りの人間にも伝わり、みんながどんどん元気になっていくのです。

そして本当の意味で「幸せ」と感じるでしょう。

エコラボホームは家づくりを通して、「幸せな生活」を実現するお手伝いをしています。

実は、この様な「家づくりの理念」が、
この会社の家はどんなデザインなのか?よりも
一番みるべきポイントです。

共感をいただけましたら、続きを見て行かれて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様の声

 

資料をもらう

 

標準仕様

エコラボのスタッフたち

2019/4/23

和田健児(代表)

2019/4/22

田口(融資・コーディネーター)

2019/7/4

竹永(工務)

2019/4/22

藤野(設計)

2019/6/28

高宗(工務)

 

イベントやってます♪

ブログ

記事カテゴリ

 

Copyright© 株式会社エコラボホーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.